当園について

当園の教育・保育理念

  • 保護者の方のご協力のもと、子どもの心身の成長を大切にし、子どもの視点に立って、子どもの最善の利益を目指します。
  • 豊かな人間性を持ち、心と身体の自立を促す。
  • 心身ともに豊かな子、思いやりのある子、元気に伸び伸びと遊べる子、自分で考えて行動できる子として成長できるように保育をしていきます。
  • 集団生活の中で協調性を育みます

 

園庭ギャラリー

 

概要

名称笠寺幼児園
法人種別社会福祉法人
施設種別保育所型認定こども園
代表者理事長 近藤 敏矢

園長  鈴木 登之宗

施設所在地名古屋市南区笠寺町大門63
連絡先電話:052-811-2883

FAX:052-811-6552

認可年昭和53年 社会福祉法人みなみ福祉会設立

平成27年 認定こども園になる

敷地面積2,546.32㎡
園舎面積2,100.75㎡
構造鉄筋コンクリート造

認定こども園について

教育・保育を提供する日時

開所曜日1号  月 ・ 火 ・ 水 ・ 木 ・ 金
2・3号  月 ・ 火 ・ 水 ・ 木 ・ 金 ・ 土
開所時間

(延長保育)

1号平日  8:00 ~ 16:00

ただし、春季休業(3月24日~4日)、

夏季休業(8月10日~8月15日)及び

冬季休業(12月24日~1月6)除く。

土曜日 休園日
日曜日・祝日 休園日
2・3号平日 7:00 ~ 18:00(~19:00)
土曜日 7:00 ~ 18:00
日曜日・祝日 休園日
コア時間  8:00 ~ 16:00
学期1号1学期 4月3日頃 ~ 7月21日頃
2学期 9月1日頃 ~ 12月22日頃
3学期 1月5日頃 ~ 3月23日頃

保育の目標

園・保育の特徴

項目内容
給食園内の調理場にて毎日、給食を作ります。アレルギー食にも対応可能です。毎月、 給食献立表に全ての材料を掲載していますので、ご家庭にて アレルギー食材を確認していただけます。
衛生原則的に調理場と保育室の交互で、毎日オゾンによる除菌を行っています。また、調理場、乳児室は月に1~2回、保育室も年に2~3回、害虫駆除を行っています。薬品は人間に影響の少ないものを使用しています。ゴキブリ、ダニ、シラミ等、保育室の陰に隠れた害虫まで駆除しています。また、調理場が目に見えないレベルの細菌類(黄色ブドウ球菌、大腸菌など)で汚染されていないことを確認するため、定期的にフードスタンプ(シャーレで菌を培養するもの)を使用し、衛生環境を確認しています。
周辺環境公園や寺社、河川など緑豊かな場が多くあり、自然との触れ合いの中で子どもたちの豊かな心を育みます。
登降園当園にはスクールバスはありません。3才児以上は、保育士が引率して徒歩通園を実施しています。 子ども自らが歩くことで、交通ルールの習得と、体力の基礎となる脚力の強化を図っています。
運動など水泳教室体育教室を通じ、また日常の自由遊びのときなどに、体を動かした遊びに興味を持つよう努めています。
課外教室通常の保育時間以外に、専門の講師による体育教室、ピアノ教室、少林寺拳法を園内にて行っています。 それぞれ卒園してからも継続できる教室です(体育教室は小学生まで)。
英語遊び通常の保育時間に英語遊びを取り入れています。英語に不慣れな保育士が行っているため、 必ずしもネイティブのような発音が出来るわけではありませんが、英語の授業が小学校から始まることを踏まえ、 英語に親しむ、英語の授業に違和感なく取り組めるようになることを目的として行っています。 簡単な歌・あいさつ・単語・会話を中心に、日常の保育時間内に英語でお話しています。
行事ビデオ/写真 各種行事の時に、専門の写真業者やビデオ業者が撮影にきます。お遊戯会などでは保護者の方は、ビデオのファインダー越しに見るのではなく、直接、お子さんのお遊戯を見ていただきながら、後日、お子さんの晴れ舞台を専門業者のビデオを各家庭で再度、見ていただくことができます。お遊戯会ビデオでは、各児童のアップだけでなく、お遊戯の全景も収録されていますので、最初から最後まで全員のお遊戯を確認することができます。
また、お泊り保育など保護者参加を対象としていない行事についても、お子さんがお友達と楽しく遊ぶ様子をビデオで見ることができます。
保育士3才児以上では、約30人のクラスに2人の保育士が担任となっており、きめの細かい対応が可能です。 2才児以下も各クラスにおよそ6名ほどの保育士が担当し、子ども達の発育発達状況に応じた対応を行っております。また、当園は継続勤務年数の長い保育士も多く、新人の若い保育士からベテラン保育士まで幅広く豊かな保育経験者により構成されています。保育士の平均保育経験年数は名古屋市内の民間保育園でもトップクラスに入ります。
異年齢児保育一日の中で機会を見つけて異年齢児混合の保育を行い、小さい子には優しくするなどの社会性も育てています。
実習生など保育学校の実習や、中学・高校のサマーボランティアを積極的に受け入れ、児童福祉に関する就労体験の場を 提供しています。子どもたちは新しいお兄ちゃんやお姉ちゃん達と楽しく遊んでいます。(実習生等人数:H15年度76人)
世代間交流
  • 笠寺福祉会館との交歓会
    昭和46年9月に初めて交歓会を開催し、以後、毎年七夕とクリスマスの頃の年2回行っています。会館利用者からは、大正琴、おどり、マジック、フォークダンスなど、園児は歌、遊戯、フォークダンス等を披露し、お年寄りと幼児が互いに理解を深め、敬意と優しい気持ちを身につけています。
  • 「かわいいおたより」の配布
    名古屋市幼児教育研究協議会(名幼研)の主催により、昭和47年より4才、5才児が高齢者宛に交通安全を呼びかけるお便りを作成しています。そのおたよりは、区役所を通じて、高齢者に配布されます。配布後、園宛にお礼の手紙をいただくことも数多くあります。
  • 運動会の「おじいちゃん・おばあちゃん競技」
    昭和61年より、当園の親子運動会の競技に「おじいちゃん・おばあちゃん競技」を取り入れ、毎年100名前後の参加をいただいています。園児の大きな声援を受けて、おじいちゃんもおばあちゃんも競技に熱が入ります。
誕生写真誕生会では、同じクラス・同じ誕生月の子、全員で撮影した写真を誕生カードに入れてお渡しします。
 Flickr

笠寺幼児園 園歌

作詞 笠寺幼児園保育士
作曲 伊藤実奈子
編曲 北川美智代

1.観音様のお膝元

その名も笠寺幼児園

いつも仲良く元気よく

笑顔の素敵な子どもたち

2. 優しい心忘れずに

未来に羽ばたけ夢持って

明るく楽しく健やかに

輝け 笠寺幼児園

ようじえん

楽譜の拡大図はこちら(PDFファイル)
MIDIファイルはこちら

ここから園歌のファイルをダウンロードしてください。

1日の保育の流れ(4年保育以下)

《4年保育・5年保育》※朝礼がある場合は変更あり

8:00~           登園・視診・自由遊び

9:15              おむつ交換

9:30              出席調べ・朝の歌・おやつ

10:00           遊び・おむつ交換

11:00           給食・ミルク

11:45           おむつ交換・着替え

12:00           お昼寝

13:30           起床・おむつ交換・着替え

14:00           おやつ・自由遊び・おむつ交換

15:00           ミルク

16:30           おむつ交換

18:00           延長保育・おやつ

19:00           全員降園

《6年保育》※月齢により多少変更あり

8:00~       登園・視診・自由遊び

9:15           排泄・出席調べ・朝の歌・手洗い・おやつ

10:00           戸外あそびなど

11:20           給食

12:00           排泄・着替え

12:15           お昼寝

14:00           起床・排泄・着替え

14:30           おやつ・排泄

15:30           残留保育

16:00           排泄

18:00           延長保育

19:00           全員降園

年間行事

状況によっては変更・中止になる場合があります

  • 4月  始業式・入園式
  • 5月  遠足・個人懇談会・保育参観
  • 6月  南区年長まつり(年長組)・歯科検診
  • 7月  七夕お遊戯会・プール開き・スイミング参観(年長組)・ お泊り保育(年長組)

  • 8月  予定なし
  • 9月  運動会
  • 10月 バザー・園外保育・世代間交流
  • 11月 保育参観
  • 12月 クリスマスお遊戯会・・スイミング参観(年長組)
  • 1月  人形劇(4・5歳児)・学級懇談会
  • 2月  園内豆まき・保育まつり(年長組)・作品展・保育参観
  • 3月  園内お別れ会・お別れ遠足(年長組)・卒園式

緊急災害時について

※南海トラフ地震に関する情報(臨時)【大規模な地震の発生の可能性が高まった旨の情報】が発表された場合

・休園となります。保育時間中に注意情報が発表、または警戒宣言が発令された場合には保護者の方は、できる限り早めにお迎えをお願いします。

※南海トラフ地震に関する情報(臨時)【大規模な地震の発生の可能性が高まった旨の情報】が発令されたが、地震がなく解除された場合

・午前6時までに解除になった場合は、午前8時から開園します。

・午前6時以降、午前11時までに解除になった場合は午後1時から開園します。

・午前11時を過ぎてから解除になった場合は当日は休園とします。

※その他

・上記を原則としますが、交通機関の混乱、行事や給食の準備等により予定が変更になることがあります。

・また、注意情報や警戒宣言の解除により、1日の途中から開園になった場合は休んでも欠席扱いとはなりません

地震等の災害対策について

1・避難経路について

当園では、屋外階段、内部階段が非常時の避難経路です。送迎時にご確認ください。

送迎、行事の時など、園にいる間に地震等の災害が発生した時には、避難誘導の放送に従い、子ども・高齢者を優先にして避難してください。

2・避難場所の確保について

万が一南海トラフ地震が保育参観時に発生した場合、園庭は避難場所としての重要な機能が求められます。

平常時の安全確保のためにも、行事の際は車や自転車ではなく、徒歩でお越しいただきますようご協力お願いします。

AEDの設置について

AED(自動体外式除細動器)を園内に設置しています。

園付近で非常時の際にご利用ください。

なお、園の全職員はAEDの使用方法、心肺蘇生法について定期的に講習会を受講しています。

ご不明な点があれば、園職員までお知らせください。

安全対策について

児童を巻き込んだ事件が数多く報道されています。

そのため、安全対策の一環とし、市内の全保育園を対象に名古屋市の警備員が巡回を行っております。

警備中は警備会社の制服を着た警備員が園の周辺を巡回します。

異常を発見された場合は園または警備員までご連絡ください。

以下の点について各ご家庭でも、お子さんにお話してください。

  • 一人で遊ばないこと
  • 誰かに連れて行かれそうになったら、大声で助けを呼ぶこと
  • 友だちが知らない人に連れて行かれそうになったら大声で助けを呼ぶこと
  • 誘われても知らない人についていかない
  • 知っていても、1度確認する

台風接近時の対応について

※午前6時において暴風警報が発令している場合

原則として通常の保育は中止とします。

ただし、早朝の段階で暴風警報が解除され、地域や施設に危険がないと確認された場合には

保育を行うことがあります。

※保育中に暴風警報が発令された場合

原則として暴風警報が発令された時点で、保育は中止とします。

園からの連絡の有無に関わらず、警報発令時には、あらゆる情報に注意していただき風雨が強くなる前に

出来る限り早めのお迎えをお願いします。

※その他

大雪等、徒歩送迎が困難な時3年保育以上の送迎を中止します。

保育の有無についてご不明な場合は、園までお問合せください。

電話回線は混雑が予想されます。

きずなネットでもお知らせ予定ですので、是非、ご登録いただき、可能な限りこちらでご確認をお願いします。

登録方法はこちら↓

https://kizuna.chuden.jp/school/use.html

相談・苦情解決の実施について

社会福祉法の改正により、保育園などを含めた事業所では、利用者からの相談・苦情を積極的に解決し公表することとされています。当園では、以下のように相談・苦情受付体制を整え、保護者の方々と協力しながら、より質の高い保育を行います。

◎    相談・苦情解決の担当者

  • 相談・苦情受付担当者 主任保育士   加藤紀子

相談・苦情を随時受け付け、意見・要望等を記録簿に記入します。

  • 相談・苦情解決責任者 園長           鈴木登之宗

相談・苦情をお申し出になった方と話し合い、解決に努めます。

  • 相談・苦情解決第三者委員 福祉サービス苦情相談センター

(名古屋市北区清水4丁目17番地1号 名古屋市総合社会福祉会館5階)

(TEL910-7976

客観的視点から相談、苦情の話し合いに立会い、助言を与えます。

 ◎    相談・苦情解決の申出方法

保育園を利用するにあたり、相談、苦情等が生じた時には、上記担当者の誰にお申し出頂いてもかまいません。また、従来どおり、園職員の誰にお申し出頂いても、同様に、解決へ向けて努力いたします。

電話811-2883 または FAX811-6552  また、お申し出は、以下の方法により受け付けます。

  • 口頭での面接
  • 連絡帳、郵便、その他、相談や苦情内容が確実に園に伝わる手段

相談・苦情解決の方法について

相談・苦情解決の方法は、以下の手順となります。

  • 相談・苦情を受け付けます。
  • 相談・苦情と意見・要望の内容を記録簿に明文化します。
  • 第三者委員の立会いを希望される場合は、第三者委員立会いの下で、相談・苦情をお申し出になった方と解決責任者が話し合いをします。
  • 相談・苦情の内容と解決結果を、笠寺幼児園ホームページなどに掲載し、他の保護者にも公表します。

相談・苦情解決の結果報告

相談・苦情の内容、または、解決結果の内容が、個人的な情報に触れる場合は、一部または全ての内容報告を省略する場合があります。

相談・苦情解決の運用について

社会福祉法の改正、および、社会福祉協議会の示す上記のような相談・苦情解決の方法では、実際の運用において、解決までが長時間となり、現実的でない場合もあるかと思います。

あくまでも、私たちは、よりよい保育を目指して努力したいと考えていますので、「相談・苦情解決」と大きく構えるほどでもない些細な点でも、世間話のようにお知らせいただければ幸いです。

 

特別教室

各教室については当園、事務所でも対応しておりますのでお気軽にお問い合わせください。